今日からfuu

スポンサーサイト 

スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- |  trackback: -- | comment: -- | edit

サンタのひとりごと 

other |

そろそろ娘がサンタさん宛に手紙を書く頃だ。



その手紙をこっそり読んで

こっそりプレゼントを買いに行って

こっそり枕元に置いておかなきゃいけない。

その際、窓際に置いてある娘が用意したサンタさんへの飲み物とお茶菓子をきれいに平らげなければいけない。

娘が小学校を卒業したらサンタ役も降りようと思う。

いや、それまでずっと信じているだろうか?
21:25 |  trackback: 0 | comment: 4 | edit

コメント

プレゼント

いいお母さんだなぁ。

★大きくなったらきっと嬉しいと思うわ。

ばんばん #2WNvYxig | URL | 2011/12/03 20:56 * edit *

>ばんばん

そう思ってくれるといいなぁ。
私が子供の頃はクリスマスプレゼントがなかったので
すごくそおゆうのに憧れていて、
自分に子供ができたら絶対サンタさんやるって決めてたの。

リリ* #- | URL | 2011/12/06 14:37 * edit *

うちは、10歳になるとサンタさん役は親と交代するのよ・・・と教え
ずいぶん大きくなるまで、サンタは居ると思ってた様です。
息子が高校生頃に、「お母さんが買ってたの?」とか言ってました。とぼけましたが・・・
これは、親の楽しみですよね。
いつまでも信じていて貰いたい気がするけど・・・

あんこママ #- | URL | 2011/12/23 06:08 * edit *

あんこママさん

24日に娘から聞きだしたところによると
クラスで一番仲のよい友達が
去年クリスマスに夜中に目が覚めてしまい、
ちょうどお父さんがプレゼントを枕元に
置くところを目撃したらしいんですね。
そこまで聞いているなら話は早いってことで
「実は私が毎年プレゼントあげてたんだよー」と
バラしてしまいました。
娘は涙をバーーーーーーーーッと流したので
そんなにサンタを信じていたのか!?と焦ったのですが
「いままで長いことサンタさんになってくれてありがとう」
とお礼を言われちゃいました。
そして私も涙がバーーーーーーーーーーッとi-241
思い描いていたよりも感動的なネタばらしとなりました。

リリ* #- | URL | 2012/01/06 23:39 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fuutirol.blog64.fc2.com/tb.php/937-2131c3cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。